HOME > スポーツ傷害・外傷の治療

スポーツ傷害・外傷の治療

スポーツ傷害・外傷の治療

当院には、サッカー、バレー、野球、サッカー、弓道、柔道など、あらゆるスポーツ選手が来院しています。小学生からプロの競輪選手まで、年齢、プロ、アマ問わず、スポーツが好きだからこそ避けらないケガや障害に悩んで、当院に助けを求めてやってきます。
院長自身、子どもの頃から柔道をしているので、骨折から、脱臼から、あらゆるケガの経験があります。自らの体験として、患者さんの気持ちとニーズがわかるので、スポーツ関係の治療には特に力を入れています。
現在、スポーツトレーナーやドクターとして、どこかのチームの専属契約は結んでいません。当院は幅広く患者さんを受け入れたいと思っていますから、患者さんが「専属じゃないと行っちゃいけないのか」と思うのは困るのです。治療する立場なので、「あくまで中立でいたい」というのが院長の思いです。

スポーツにおける怪我の特徴

スポーツにおける怪我の特徴

スポーツ中に発生するケガで、特に多いのが足首の捻挫、じん帯損傷、肉離れです。
中でも、足首の捻挫は非常に多く、またこうしたケガは繰り返します。
少し疲れると、以前ケガをしたのと同じ場所に、違和感・痛みが増すという方も多いはずです。
当院では、「なぜ、繰り返すのか」をきちんと説明した上で、ケガか癖にならないように、適切な処置やリハビリを行い、本当にいい状態で復帰できるようにサポートします。
また、ケガの場合は、安静にしているだけで完治するものではありません。重いケガであっても、きちんとしたタイミングを見計らって、適度な運動を加えていくことで、より早く元の機能を回復することができます。 当院では、豊富な経験にもとづき、適切なリハビリと指導を行なっています。

メンタル面でのサポート

メンタル面でのサポート

スポーツをやっている人たちには、モチベーションの持っていき方の指導なども行っています。
全国大会を目指す高校スポーツのチームも診ているので、試合後、負けたチームの選手が何人も訪ねて来ることもよくあります。そういう対応もたくさん経験してきました。
しかし、ケガをした選手の練習復帰、試合出場のタイミングにはいつも悩みます。「最後の大会だから」と言われたとき、あるいは選手としてもう後がない大会というような場合は、無理に押してでも出られるようにしてあげることもあります。でも、まだ1年生だったり、これからもプレーを続けたいというのであれば、どんなに希望しても出場を止めることはよくあります。

アクセス


大きな地図で見る

〒369-0306
埼玉県児玉郡上里町七本木3706-2

お問い合わせ 詳しくはこちら