HOME > 交通事故による傷害

交通事故による傷害

交通事故から治療に向けて

交通事故から治療に向けて

交通事故による傷害で、最も多いのは「むち打ち」です。当院には、整形外科から転院して来られる方も多くなっています。むち打ち症以外では、脱臼、打撲、骨折などがあります。
もちろん、直接当院来られる方もいらっしゃいますが、まだ病院に行っていない方には、すぐに提携している整形外科病院を紹介し、受診してもらっています。
交通事故の場合、保険金を請求するためにはレントゲン検査の結果と医師の診断書が欠かせません。
また保険のためだけでなく、その時点では自覚症状はなくても、後々症状が悪化する場合もあります。ですから、CTやMRIなどの精密検査をなるべく早く受けることをおすすめします。
外傷がないと思っても、後から頭痛、不眠症、倦怠感、吐き気などの後遺症に悩まされることは少なくありません。
当院では、交通事故に遭われて来院された場合、お金はいただいておりません。ゼロ負担でやっています。保険会社とのやり取りは当院が担当します。
示談までの流れなどについてもご相談いただければ、多くの経験がある当院でサポートします。
また、あとでトラブルにならないように、警察への届け出は必ずしておきましょう。

交通事故による「むち打ち症」の治療

交通事故による「むち打ち症」の治療

基本的には交通事故によるケガも、一般のケガも同じ原理です。
ただ、交通事故では、日常生活では遭遇しない大きな衝撃で頭部に激しい重力がかかり、首などに障害が発生してしまいます。
筋肉や靭帯の炎症で済めばまだいい方で、交感神経や神経根、脊椎本体にまで障害が発生することで、人によってさまざまな症状に悩まされることになります。
当院の交通事故傷害の治療としては、基本的にはアキュスコープ&マイオパルス治療や高気圧酸素カプセルを症状に応じて使い分けていきます。
「痛みを取り、後遺症を残さず、早く治す」ことが目標です。1カ月ちゃんと通っていただければ、むち打ち症でもほとんどの場合はよくなります。

アクセス


大きな地図で見る

〒369-0306
埼玉県児玉郡上里町七本木3706-2

お問い合わせ 詳しくはこちら